« FF14格闘王への道2 | トップページ | ドラキュラHD成長日記2 »

2011年10月11日 (火曜日)

FF14格闘王への道 最終回

格闘カンストしました。
R(もうレベルと呼ぶべきか)42半ばから50まで4日程。


Ffxiv_1318189363


OK。格闘カンスト。

            ∧_∧
     ∧_∧  (´<_`  ) 流石だよな俺ら。
     ( ´_ゝ`) /   ⌒i  
    /   \     | |
    /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
  __(__ニつ/  FF14  / .| .|____
      \/       / (u ⊃ 





高レベル帯ではレベリングが非常に楽。
時期相応に見合うMOBがいるし、ステータスも充実してくる上に、PT狩りも美味い。


最終奥義の猿拳と貫手IIを覚えたので一先ず満足です。
手伝って頂いた方に心から感謝いたします。

さて、格闘に関しては全てのスキルを覚えたという事ですが、
今まで主力技だったコンカシブブローIIが1.19パッチ以降あまり良い数値を出さなくなりました。

修正内容にも含まれてませんし思い過ごしなんでしょうが、
TP1000使用のWSを使い比べた所、総合的に何故か地烈斬IIの方がダメージが出るのです。

恐らく属性計算でも変わったのでしょうか、フィジカル廃止の名残が敵にまで及んだのだと思います。


【うまいメシの喰い方】

気合→裏拳フェザステIIヘイジャーII→拳撃連撃(ヘイジャーII)地烈斬II
気合→裏拳拳撃連撃→AA→ブラバスブラインドII貫手II
気合→通常ペチペチ→フェザステII猿拳

ヘイジャーと猿拳は常套手段だと思います。ミスも回避判定になったのがおいしい。

貫手連携に関しては、まずフェロ猛者がパッチ前よりダメ差が出なくなりました。
いちいち二回座るくらいなら、ブラインドIIを掛けて軸ずらして叩いた方が早くて強いのです。
1対1のように周りに余裕がある時以外は掛けなくてもよいと感じました、フェロ猛者がIIなら話は変わるかも知れません。
他の職技で検証していないのでわかりませんがね。


これからの目標としては、まずダイバージョン(槍36)を確保します。

効果としては自身への近接攻撃を一回分回避ということですが、
これは格闘WSのフェザーステップと類似しています。

ダイバーを導入する事で、フェザステヘイジャーダイバーヘイジャーと短時間にTP1000で4回分のWS攻撃が可能になって更にタイマンが楽になるんじゃないかと。
チョー欲しい!コレめっちゃんこ欲しい!


とりあえず落ち着いた所なので、クラフターも復帰させました。
ドラキュラで道場開きながらやるのにピッタリな作業です。

次回はドラキュラHDの話でも。

|

« FF14格闘王への道2 | トップページ | ドラキュラHD成長日記2 »

家ゲー・ネトゲ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1548853/42433318

この記事へのトラックバック一覧です: FF14格闘王への道 最終回:

« FF14格闘王への道2 | トップページ | ドラキュラHD成長日記2 »