« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月21日 (月曜日)

PSO2で骨を埋めれるか 其の拾四

Pso20120830_031652_017


SSフォルダを漁っていたら懐かしい画像が出てきましてね。(懐かしがる程時間も経ってない)
40キャップ時でまだサブクラスも実装されていない頃のお写真。

この頃の私は背負っている魔剣に恐らく魂を売り渡していたのだと思います。





突如出現した謎の侵食生物「ダーカー」の裏側に暗黒結社ゴルゴムの匂いを感じ取ったRX。
有志のアークス達からダーカーの目撃情報を頼りに惑星ナベリウスにて捜査を開始した。

だが、突然の夕立に捜査は難航し…





Pso20120830_035610_043


「参ったな。全く止む気配も無いし、動きようが無い…。」

「止むを得んが暫く待つしかないか…。」







Pso20120830_035612_0442


(…止む気配と止むを得ない。)

(…プ、プフォーッ!プーックスクス!我ながら…なかなか…)

「!!(背後に…何かがいる…!)」







Pso20120830_035616_046


「ちょいとそこ往くお兄さん。」

「ねぇムーミンこっち向いて、でやんす。」

「なんだチミらは。」

「なんだチミらはってラッピーですよ、あっしら。見りゃわかるでしょう。」

「違う。そんなのはサービスイン時から知っている。いきなり声を掛けてきたからなんだと聞いたんだ。」

「うほーカタブツ路線でやんす。」






Pso20120830_035620_047


「実はですね、あっしら最近この辺に出る黒いクモみたいな化け物に手を焼いてましてねぇ。」

「奴らを知っているのか!?」

「それはもうそれはもう。イヤと言うほどに。」

「あいつらのせいでリンゴをかじる暇すら無いでやんす。」

「俺は恐らく奴らを裏で統率している組織があると踏んでいる。何か心当たりは無いか?」








Pso20120830_035633_049


「ん~…ゴルゴム、って…言ってたでやんす。」

「ピンクの鎧着たエラそうなおっさんがクモ達を引き連れていましてねぇ。」

「しかもゴルゴム♪って書いたノボリをご丁寧に持って歩いてたんでやんす。」

「…剣聖ビルゲニアか!そうか、やはり…。許さんでやんすゴルゴム!!」

「口調が移ってるでやんす。」






Pso20120830_035701_053_3


「誰のせいだと思っとろーが!!」 (バキィッ!) 

「グホォ!やんすはあっしちゃいます!」

「やんすはあっしでやんす。」

「知らん!マドハンドA、Bみたいに複数系が区別付くように表示しろ!」

「それPSEバーストしたらアルファベットがわけわからなくなりますよ!」






Pso20120830_035658_051



「…で、奴らが何処に向かって、何をしようと企んでいるのか知らないか?」

「確か…このナベリウスをゴルゴムランドにするとかなんとか…」

「ゴルゴムランドだと!?」

「はっ!い、…いや~、あっしらも命からがら聞き出した情報ですから…これ以上は…。」

「このご時世、情報は財産でやんす。貴重でやんす。ペラペラ教えたら「しかつもんだい」でやんす。」

「…何が言いたい?」

「10000メセタ。」







Pso20120830_035648_0504_2


「原生生物ごときが金銭を欲するか!滅せよ!!」 (バキィッ!)

「ぎゃぎゃ~っ ぐわわっ!」

「アニキに何をするでやんす!」

「さまぁ~ずの三村の真似じゃないけど、こっちアニキだったのかよ!!」







Pso20120830_035719_057



「1万メセタあったらグラインダー3個買うわ!ボケが!」 (当時換算)

「もう知りません!あんたなんかクモ達に五臓六腑を引き裂かれてしまいなさい!」

(アニキたちは にげだした!)

「おととい来やがれ!」

「…カタブツ路線が台無しだ。おや…いつの間にか雨も上がっている。捜査再開だ!」







Pso20120830_040439_059


「暗黒結社ゴルゴム…そして謎の生物ダーカー。貴様らの邪悪な企みはこのRXが粉砕するぞ!」



ゴルゴムの手がかりを自ら遮断したRX。

目前の金銭で物事を判断した愚かなRX。

これは後に始まる彼と運営ダーカーとの壮絶な死闘を知る由もなかった頃の話である。

果たして近接ソロでこの美しい青空を守り通すことが出来るのだろうか。

そして物語はキャップ開放後へ。





【 続かない 】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月11日 (金曜日)

PSO2で骨を埋めれるか 其の拾参

あけましておめでとうございます!
ブログ開設から約一年ちょっと、飽きるか忘れるかのどちらかになるまで頑張りますのでどうぞ宜しくお願い申しageます。


さて新年一発目の記事はPSO2から。

余談ですが、記事タイトルの「数字部分」が今まで漢数字と大字(十壱、十弐)の二種類でゴッチャになっておりまして。
今回から「其の拾参」とカッコよく、キッチリ、ビシっと大字で揃えております!
(割りとどうでもよいが、今まで間違ってた事が割りと恥ずかしい)



去年の暮れにランチャーを一本拾いまして。

「ショットレガシー」なる物なのですが、今となっては攻撃数値などは物足りないものの、
当分の間Wikiの出土情報にすら載らなかった(現在は記載済み)ようでして、ある意味レアなブツにお目に掛かりました。ハードのヴァーダーからドロップでした。

同じ例でセントキルダとかもあったなぁ…。


Pso20121213_025342_002_2

見慣れない名前のレアアイテムを見ると心が躍るもんです。

こんな所で無駄に運使ってんじゃねーぞ!!ボケが!!







そして年が明けて、パラレルエリアに遭遇することにも成功。

わたくし実はパラレル初めて物語だったりします。パラレル童貞。


Pso20130111_022654_027


Pso20130111_022752_037


意外と綺麗な場所でした。
(電流ロープが張られたリングでデスマッチ的なのを想像してた)


今月末にはレベルキャップも開放されるらしいので、今が正念場と言った感じです。
チェインソードとアルティメットチェイン実装までに貯金をするスタンスは変えません。






おまけ。(壁紙用)


Pso20130111_022313_021


「これが人間を超越した先にある奇跡の世界だ。」

市川市サティ BLACK-RX

ナイトメア的なカボチャと磨き上げられた肉体美によって
独特な雰囲気を持つグリーンカジュアルに仕上がっている。
パンツもミディアムシーグリーンで合わせたカラーセンスはかなりのハイレベル。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »